海辺のさんぽCafe

亜熱帯の島・奄美大島から発信するWeb Cafeです。シーカヤックで海辺のお散歩や南島暮らしの  おしゃべりでのんび~りとお過ごし下さい。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/10

豪雨の後、シーカヤックで古仁屋の町までお買い物に。

梅雨の後半、またまた奄美大島は豪雨となりました。
古仁屋での降り始めからの降水量は255mmだったようです。
おかげで、嘉鉄から古仁屋の町へ行く道路は崖崩れで通行止め。
でも、そんな時に限って生鮮食品が食べたくなるんだな。

このところ雨続きで運動不足。午後には小雨にもなったので
シーカヤックを漕いで、古仁屋の町までお買い物に行くことにしました。

R0010392

いつもは青く澄んだ嘉鉄の海も、今日は川の濁流が流れ込んでまっ茶色です。

R0010393

向こう岸は小雨に煙る加計呂麻島。

R0010394

海岸の断崖の下には、いつもは無い滝のような流れがいくつもできています。

R0010395

R0010396

大雨で流された木の枝などが海面に漂っています。

R0010399

30分ぐらい漕ぐと古仁屋の町が見えてきました。
雨も上がって、少しだけ青空がのぞくと、むっとするような蒸し暑さ。

R0010401

古仁屋の岸壁に、愛知県立三谷水産高等学校の練習船が停泊していました。
愛知丸って…そのまんまじゃ…。

R0010403

古仁屋の町の、漁港に入港。

R0010405

スロープにカヤックを上げて、さて、スーパーに買い物に行きますか。

R0010406

帰路に、岩礁にたたずむ野ヤギを発見。
最近は駆除されて見かけなくなっていたのですが
まだ、逃げ延びているのがいるんだなぁ。

R0010412

また嘉鉄の浜に帰ってきました。
片道40分ぐらい。ちょうど良い運動になりました。

R0010414

ただいま~!

R0010415
スポンサーサイト
2012/01/01

明けましておめでとうございます。2012年!

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年はとんでもない年でしたね。奄美大島も大変でした。

自然災害はもちろんなのですが、今までの社会の枠組みが機能しなくなっているような気がします。
これが時代の変革期なのかな?大きな時代の流れというか、
まるで、歴史の1ページの中で生きているようにも感じています。

そして、今年もなんだか穏やかには済まないような気がして・・・・・。

でもですよ、
昨年の経験で、多くの人が腹が据わって、どんなことがあっても大丈夫!
って思えるようになったんじゃないか?なんて感じています。

人間の生活って、そんなに簡単に壊れるもんじゃないし。
どんな時にも笑顔でいられる瞬間があるし。

今年も、明るく、堂々と、楽しいことを沢山集めていきたいな。

さて、大晦日は大掃除で忙しくて門松を用意できなかったので、
元旦の朝に慌てて山へ行って松を切ってきました。

DSC03373.JPG

元旦の、嘉鉄湾がハートの形に見える展望台からの集落の眺めです。
まだ、昨年11月の豪雨災害の時の崖崩れの後が痛々しいですね。

DSC03372.JPG

朝は小雨の降る例年通りの肌寒い正月だったのですが
昼頃からは晴れて暖かい、本当に良いお日よりになりました。

DSC03376.JPG

新年の抱負、年末まではどんどん頭の中に沸いてきたんだけど
新年になったら、すっかり消えてしまったよ。
ふふふふっふーっ。。

こんなに穏やかな元日の大島海峡って珍しいよなぁ…。
去年は大荒れだったしね。

DSC03378.JPG

今年の冬は暖かい日が多いような予感がしています。
2011/12/24

静かに輝く冬の日

冷たい雨の降る朝。
突然晴れて太陽が輝き、また冷たい風と共に雨が降る。

奄美大島は典型的な冬の天候になった。

DSC03316.JPG

午前中に突然、日本郵便の制服を着たサンタさんがやってきて、
プレゼントを届けてくれた。

うれしくて…目頭が熱くなる。

DSC03315.JPG

お昼はチルチルCafeさんでクリスマス特別メニューを。

●ふぁんふぁんさんが焼いてくれるフォカッチャ
●ササミフライ自家製タルタルソース添え(お好みでバジルソース)
●じゃがいもサラダ
●原木椎茸のフリッター
●無農薬玄米のキッシュ
●イノシシのスープ
洋風のような?和風のような?良く分からん(失礼)献立だけど
どれも、丁寧に作られた優しいお味で、美味しい。

DSC03331.JPG

デザートはドイツのお菓子、シュトーレン。
焼いてから一週間ぐらい寝かせたものらしい?
重くて深い味わいです。

DSC03333.JPG

チルチルCafeのおとうちゃんが浜から丸太を運んできました。
先月の水害で、椎茸の種を付けた原木が海辺まで流されたそうで
その一つが浜辺で立派な椎茸を生やしていたので持って帰ってきたとのこと。

DSC03324.JPG

DSC03326.JPG

日が当たり、潮風の吹く浜辺で椎茸が生えるなんて、もしや…根性しいたけ!
しかも、こんなに立派です。

DSC03334.JPG

思わず、その場で手もぎして、ご購入!

DSC03335.JPG

今夜はバター焼きだなぁ・・・。

午後は散髪して、頭もさっぱり。
さあ、身だしなみを整えて、背筋を伸ばそう!
2011/12/24

屋根に乗るのが楽しい。

倉庫の増築工事の7日目。

この日もジーザス・松葉氏、スーパーカブ坂田氏と
三人での作業。

まず、屋根を支える垂木を打ち付けて、その上に波板を貼る下桟(げざん)並べて打つ。

RIMG0001.JPG

ひさしを出す為に、材料の長さが足りないので、付け足すなど。

RIMG0004.JPG

この日は暖かくて、午後からは汗ばむ程の日差し。

山羊とアホは高いところに登りたがると言いますが、
屋根の上に乗っての作業は気持ちいい-!

波板を少しずつ重ねながら、トントンと傘付きの釘で打ち付けていく。

RIMG0002.JPG

あれ?波板が一枚足りないね。
で、急いで古仁屋まで買いに行ったのだが、この日は日曜日だったので手に入らず。

そんな、こんなで、この日の作業は終了。
かなり建物らしくなってきました。

RIMG0005.JPG

この日で応援組との三名での作業は終わりです。
松葉さん、坂田さん、本当にありがとうございました。助かりました!
2011/12/20

最強の助っ人が到着!

倉庫の増築工事も6日目。

この日は、はるばる加計呂麻島から
ヤマシギ堂の坂田さん@YamashigiDoが
スーパーカブに乗って駆けつけてくれました。
インパクトドライバー等の武器をひっさげての登場。頼もしいぜ!

見てください、坂田さんの乗って来たスーパーカブがカッコイイ!

RIMG0002.JPG

ベージュとブラウンのカフェ配色。ちゃんとヤマシギ堂のロゴマークが入ってます。

RIMG0003.JPG

さあ、作業開始!
やはり電動丸ノコの扱いが上手い松葉氏。
手間取っていたインパクトドライバーも、坂田氏が持てばスムーズ。
役立たずと思われたボクも釘を打つのは得意だということが判明。
これは大道具での経験が生きているのかも?

電動丸ノコの魔術師。ジーザス・松葉
インパクトドライバーの名手、スーパーカブ・坂田
そして、釘打ち担当、ステューピッド・大雅の
最強3人トリオで作業はドンドン進む。

あっという間に柱が5本立ちました!
根太も梁も母屋の柱に接合完了。
これで建物としての大枠が完成です。

RIMG0010.JPG

屋根を貼るために障害になっていた母屋の雨樋も外します。

RIMG0005.JPG

屋根材の波板を貼る作業工程を検討して、この日の作業は終了。

RIMG0008.JPG

夕食のまかないは白菜のコーンクリームシチューをご用意。
温まる~。

RIMG0012.JPG
次へ>>

■  Profile

taiga:
亜熱帯の島・奄美大島でシーカヤックのガイドをしています。 海辺の集落に住んでのんびり、ぼんやり、暮らしています。 現在、のんびりゆったりのシーカヤック・ツアー
海辺のさんぽ社 を主催。

sanposha-logo2.gif

旧館・海辺のさんぽCafeはこちら

sanpokun

Author:sanpokun

好きなこと:
無人の浜でキャンプ,ボサノヴァを聴く, 雨の日の昼寝, 浜辺で焚き火, 夜空を眺めながら酒を飲む, シュノーケリングでサンゴ礁や熱帯魚を観察する, フェリーニの映画, ロバート・フランクの写真, パウル・クレーの絵画, 谷川俊太郎の詩, 池田晶子、中島義道の著作, ダッチ・オーブンの料理,

■  最新記事

■  twitter

■  最新コメント

■  月別アーカイブ

■  カテゴリ

未分類 (0)
taigaのおかしな行動 (4)
島のできごと色々 (8)
奄美の野生動物 (1)
シーカヤック・ツーリング (9)
奄美の伝統行事 (1)
毎日の気づいたこと (4)
島の生活誌 (10)
アウトドア&キャンプ (1)

■  最新トラックバック

■  検索フォーム

■  RSSリンクの表示

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。